Porsche

2018 Porsche Panamera Turbo S E-Hybrid Sport Turismoオフィシャル

Porsche 918 Spyderの正統後継者

独ポルシェから強力なプラグインハイブリッドの登場です。「パナメーラ ターボ S E-ハイブリッド スポーツツーリズモ」というニューモデルを発表しました。4.0リッターV8ツインターボエンジンに電動モーターを組み合わせ、最高出力500kW/680 hp、最大トルク850Nm、0-100km/hのスプリントタイムは3.4秒という異次元の動力性能を誇っています。プレスの内容で驚いたのは、V8ツインターボ(404kW / 550hp)と電動モーター(100kW / 136hp)の組み合わせにより850Nmの最大トルクを、わずか1400rpmで達成する、といいます。

ポルシェがこのクルマを「Porsche 918 Spyderの血統を持つ後継者である」、と宣言するのも納得できます。918スパイダーと異なるのは、この車が大きなテールゲート、低いローディングエッジ、大きな荷室容積、4 + 1座席構成などの空間的な利点を持ち、日々の実用性をも兼ね備えたスーパースポーツである、という点です。

電動モーター(100kW / 136hp)のみで走行するEVモードも備えており、航続距離は49km、最高速度は140 km/hと発表されています。燃費も良く、ニュー・ヨーロピアン・ドライブ・サイクル(NEDC)の平均消費量は3.0 リッター/ 100 kmと発表されています。リチウムイオン電池のエネルギー容量は14.1kWhで、充電器と電源接続に応じて、2.4〜6時間以内に充電することができます。14.1kWhという大容量バッテリーですので、重量は200kg〜300kg増になるでしょう。バッテリーがどこに搭載されているのか、イラスト図が公開されていませんので不明です。

ハイブリッドモジュールに組み込まれたデカップラーは、電気クラッチアクチュエータを介して電気機械的に作動されます。その結果、非常に短い応答時間を得ることができます。そして、高速シフト8速Porsche Doppelkupplung(PDK)は、標準の適応型全輪駆動システムPorsche Traction Management(PTM)に動力を伝達するために使用されます。

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close