Porsche

2018 Porsche 718 GTS オフィシャル

独ポルシェは、昨年から第四世代となった新型2ドアミドシップのスポーツカー、718ケイマン&718ボクスターにGTSモデルを追加することを発表しました。ポルシェが718のために新開発した水平対向4気筒直噴ターボをアップデートしています。

新たに開発された吸気ダクト、そして2.5リッター4気筒ボクサーエンジン向けに最適化されたターボチャージャーの装備により、718Sモデルよりも11kW(15hp)、自然吸気の水平対向6気筒エンジンを搭載していた前モデルよりも26kW(35hp)の出力アップに成功し、最高出力が269kw(365hp)へとアップデートされました。

最大トルクは430 Nmになり、1,900〜5,000 rpmの間で引き出すことが出来ますので、ノーマルモデルよりもさらに優れた加速を提供します。PDKとSport Chronoパッケージと組み合わせることにより、GTSモデルの0-100 km/hスプリントタイムは4.1秒で到達します。

このエンジンには、マニュアル6速トランスミッションもしくはオプションとなるPorsche Doppelkupplung(PDK)が組み合わされます。718 GTSには、メカニカルリヤデファレンシャルロックとポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を装備したスポーツクロノパッケージ、そしてポルシェトルクベクタリング(PTV)、車高を10mm下げるオプションなど、多くのオプションが標準装備されています。

GTSモデルが人気を集める理由は、メカニカル面だけでなく、ビジュアルデザインにおいても、ノーマルモデルよりも遥かに魅力的だからです。フロントの新しいスポーツデザインエプロンは、車両のスポーティなキャラクターをさらに強調しています。 そしてGTSモデルのコスメティックスではお馴染みとなった、フロントライトモジュールとバイキセノンヘッドライトは黒色でフィニッシュしています。

リアエンドには、中央に配置した黒いスポーツエキゾーストシステムとテールライトが同色となり、黒いロゴ、そして黒い後部エプロンによりGTSらしい独特の外観となります。黒いGTSのロゴがドアの基部にあり、20インチのアロイホイールもサテン仕上げで黒く塗られています。

オフィシャルフォト

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close