A4 / A5

2018 Audi RS4アバント 新しい写真とビデオを公開

"5シートスポーツカー"の創造者

昨年のIAA2017(フランクフルトモーターショウ)で世界初デビューを果たしたアウディRS4アバント。高性能なメカニズムと、ロングドライブ、高速道路、アウトドア、シティモビリティーとあらゆるライフスタイルに対応できるユーティリティーを供えたスポーツカーとして世界で人気を誇り、第四世代へと時を刻んできました。

この人気モデルラインの源流は1994年に伝説のRS 2 Avantに遡ります。

Static photo,
Colour: Hot orange, Ibis White, Misano Red, Nogaro blue pearl effect, Nardo Grey

1994 – Audi RS 2 Avant:

1994年にRS 2 Avantを導入したAudiは、世界で初めて5シートの高性能スポーツカーというクルマのカタチを世界に提案しました。搭載する排気量2.2リッター の5気筒ターボのスペックは最高出力232kW(315hp)を発生し、最高速度262km / h、0〜100km / h(0〜60mph)は5.4秒というパフォーマンスを誇ります。 そしてPorsche AGが、ブレーキおよびホイールなどの部品を開発および生産パートナーとして提供したことも話題となりました。

1999年 – 第1世代のマイナーチェンジ版として発売された最初のRS 4アバント。この頃に買収したCosworth Technology Ltdが協力パートナーとしてRS 4アバントの開発に参加しました。 quattro GmbHとともに、2.7リッターV6ツインターボの性能を279kW(380hp)に向上させた結果、0-100km / h(0〜60mph)のスプリントタイムは4.9秒を達成しています。 このRS 4 Avantは大いに売れて、Audiは元の計画から生産数を倍増させました。

2005 – Audi RS 4:

第2世代のRS 4は2005年に登場しました。この車両は、新しく開発された4.2リッターのV8エンジンによって駆動されました。直噴エンジンの最高出力は309kW(420hp)というステーションワゴンとしては異次元のパフォーマンスで話題となりました。 0〜100km / のスプリントタイムは4.8秒で、この車両でレースにも参加しました。他のエンジニアリングのハイライトには、その時に新しい非対称ダイナミックトルク分配器とオプションのカーボンファイバーセラミックブレーキを搭載したクワトロドライブが含まれていました。

2012 – Audi RS 4 Avant:

 RS4の第3世代は2012年2月にquattro GmbHがジュネーブモーターショーで発表しました。この世代は第二世代のマイナーアップデートと位置付けても良いくらい、メカニズムとして大きなアップデートはありませんでした。第二世代と同じ4.2 リッターのV8エンジンが搭載されていましたが、出力は331 kW(450 hp)への若干アップデートされました。

そして第四世代のRS4アバント。その車両の出来が素晴らしく、間違いなく2017年のカーオブザイヤーであったと断言しても過言ではないでしょう。

アウディがゼロから開発した2.9リッターV6のツインターボエンジン、アウディが「新世代ダンパー」と呼ぶ新しいDynamic Ride Control (DRC)の付いたRSスポーツサスペンションプラスなどメカニズム的にも見所が多いです。

RSの基となるアウディA4の出来がよかったことから、第四世代に大きな期待が寄せられています。日本のディーラーではまだ試乗が出来ませんが、リアサスペンションが新たに5リンク式となり、ボディへの取り付けはオイル封入式マウントを採用。滑らかな足回りへと大幅進化していることが容易に想像出来ます。

そして搭載するquattroは、遊星歯車により前輪40%、後輪60%を常に配分する伝統のトルセン式センターデフです。素のA4 など、縦置きエンジン系にも湿式多板クラッチによるオンデマンド方式の「quattro ultra」の搭載を始めてますが、ハイパワーを確実に路面に伝えるにはこのオンデマンドでは役不足ですし、プロペラシャフトが回っていない感覚はクアトロっぽくない、と言いたくなります。

オフィシャルフォト

 

オフィシャルビデオ:Audi RS4アバント sonoma green

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close