AlfaRomeoFeature

2018 Alfa Romeo Stelvio Quadrifoglio オフィシャル写真とビデオを公開

世界最速のSUV まもなく発売へ

伊アルファロメオは、ミドルセグメントのSUV、ステルビオのオフィシャルローンチをメディア向けに行いました。まもなく全世界でデリバリーされます。

Dセグメントのスポーツセダン「ジュリア」のメカニズムをSUVに流用したものがステルビオです。すでにジュリアはミドルレンジのDセグメントにおいて、BMW 3シリーズと並んでスポーツセダンのベンチマーク的な存在となっていますが、ステルビオも同様となるでしょう。

ステルビオのトップモデル「Stelvio ニュルブルクリンク北コースでのSUVとしての新記録7分51.7秒を達成した「世界最速のSUV」です。 Stelvio Quadrifoglioには、フェラーリの技術とエンジニアリングノウハウから開発された2.9リッター V6 Bi-Turboエンジンが装備されています。

このエンジンは「ほぼフェラーリ製」とも言われており、実態はフェラーリ488GTBのV8から2気筒をカットしたものです。6,500 rpmで510 HPの最大出力を発生し、最大トルクは2,500〜5,000 rpmで引き出し可能。このパワープラントは、レース走行モードでわずか150ミリ秒でギアシフトを可能にする特別に較正された8スピードオートマチックトランスミッションとインテグレーションされています。さらに、運転経験を最大にするために、ステアリングコラムに一体化されたアルミパドルシフターを標準装備しています。 0〜100 km / hのスプリントタイムは驚愕の3.8秒で、最高速度は283 km / hです。このパフォーマンスエンジンは環境にも配慮しており、電子制御のシリンダー不活性化システムと高性能運転モードで利用可能な「セーリング」機能により、排出ガスと燃料消費の面でも非常に効率的です。

2.9リッターV6エンジンは、アルファが「Q4」と呼ぶ全輪駆動システムと組み合わされます。通常の状態では、Q4システムは100%のトルクをリアアクスルに伝達するリアコンシャスな駆動システムです。そして車輪がグリップ限界に近づくと、Q4がアクティブトランスファケースを介してリアルタイムでフロントアクスルに最大50%のトルクを伝達する設定です。Q4システムが、横方向及び縦方向加の速度、ステアリングホイール角度及びヨーセンサからリアルタイムでデータを受診し処理しています。さらに、Stelvio Quadrifoglioにはシャーシドメイン制御ユニットが装備されており、同クラスのSUVで唯一、Active Torque Vectoringと呼ぶLSDを標準装備しています。

また、サスペンションとショックアブソーバを積極的に制御する「Alfaアクティブサスペンション」というシステムも標準装備です。サスペンションレイアウトもスポーツカー並みです。フロントには、バーチャルステアリング軸を備えたダブルウィッシュボーンシステムと、4リンクのマルチリンクシステムをリアに備えています。

これらのように、走行性能では、クラストップレベルの性能を備えています。ポルシェ・マカンターボやBMW M40i、Mercedes-AMG GLC43 よりもスペックは1〜2段階上という印象です。

オフィシャルフォト

 

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close