E-Class / GLE

2018 Mercedes-AMG 53 CLS オフィシャル

Mercedes-AMG GmbHは、Eクラスをベースにした4ドアクーペ「CLS」のハイパフォーマンスモデル「Mercedes-AMG 53 CLS」に関するオフィシャル情報を公開しました。新しい「AMG53シリーズ」は、CLSの他にもEクラスクーペ、Eクラスカブリオレにも設定されます。

新しいMercedes-AMG 53シリーズとは何か。メルセデスの新エンジン戦略の中核をなす新開発直列6気筒ターボエンジンに電動コンプレッサーを組み合わせたエンジンを搭載したモデルの称号です。

絶滅寸前の状態で、今やBMWしか量産するメーカーがなくなった直列6気筒エンジンを復活させたのは驚きでしたが、これに電動コンプレッサーを組み合わせ現代風でインテリジェントなエンジンを開発しました。

Mercedes-AMG CLS 53 4MATIC+; exterior: graphite grey, engine;fuel consumption combined: 8.4 l/100 km; CO2 emissions combined: 200 g/km*

最高出力320 kW(435 hp)、最大トルク520 Nmを発生する直列6気筒エンジンに、「ISG(Integrated Starter-Alternator)」で発電した48V電力で電動コンプレッサーを駆動することにより、瞬間的に16kWの出力と250Nmのトルクを加えます。なお、メルセデスではこのISGを「EQブースト」と呼んでおり、ISGを顧客により分かりやすく説明するためのネーミングにも配慮しています。

これにより、ターボラグが「ほぼゼロ」となり、0-100km/hを4.5秒で駆け抜けるスポーツカーへと仕上げています。

48Vバッテリを採用する理由は、車両全体のバッテリ容量が増え、より多くの電気エネルギーを利用できるようになり、「EQブースト」のような革新的な機能を導入することが可能となる点です。ただ、12Vから48Vになることにより車重が増えるのでは?と想像しますが、逆に軽くなります。同じ電力でも、12V電流の4分の1しか必要としないため、配線を薄くすることが可能で結果軽量になります。従来型の12Vシステムも健在で、照明やインフォテイメントディスプレイ、コントロールユニットなどに電力を供給しています。

その他、技術的なハイライトとしては、AMG SPEEDSHIFT TCT 9Gトランスミッションとリアバイアスの可変全輪駆動システム「AMG Performance 4MATIC +」が搭載される点です。

オフィシャルフォト

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close