5 / 6-SeriesFeature

BMW 6シリーズクーペ コンセプト

BMWは今月末に開催されるパリモーターショウでBMW 6シリーズクーペのコンセプトモデルを展示する、と発表しました。北京モーターショウで発表したConcept Gran Coupeをよりプロダクションモデルへ深化させたものが、この6シリーズクーペ コンセプトです。

6シリーズクーペコンセプトには新しいデザインキューが垣間みれます。伸びやかなボンネットと極端に短いフロントオーバーハングが印象的なダイナミズム溢れるエレガンスなクーペです。まず、フロントライトに目がいきますが、通称「イカリング」とも呼ばれているBMWの象徴とも言える2つの丸目に、若干角がついているのが確認出来ます。このライトは全てLED化され、デイタイムランニングライトも装着されます。

インタリアですが、ルーフは全てガラス化されており、BMWのフラッグシップクーペのインテリアに明るい光を落としています。
センターコンソールが少しドライバーに向いている点はBMWのオーガニックスタイル。10.2インチに大型化されクロームで縁取りされた新しいiDriveコントロールディズプレイ、ドアハンドル下に設置されたBang&Olufsenの大型スピーカー、レザーシートのアクセント、リデザインされたステアリングホイールなどが新しいBMWの6シリーズに引き継がれます。

ビデオ:BMW@パリモーターショウ

フォトコレクション

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close