A6 / A7AudiFeature

2012 Audi A6 セダン オフィシャルフォト

アウディは2012年モデル(2011年発売)でブランニューとなるAudiA6のオフィシャルフォトをリリースしました。2011年初頭には欧州マーケットで発売が開始となる予定です。4気筒モデルとV6、ディーゼルが展開されます。その後、4気筒モデル並みの燃費で6気筒並みのパワーが楽しめるハイブリッドモデルが出ます。

まずサイズですが、全長4.92m、前幅1.87m、高さが1.46mとなります。現行モデルが全長4.93m、全幅1.85mですので、ほぼキープサイズです。近年アウディはフルモデルチェンジごとに車のサイズを大型化してきましたが、この方向(さらに大型)は修正するようです。また、ボンネットやフェンダーを始め、パネル部にアルミ材を多く採用している他、フロント・サスペンションやサブフレーム、リヤサスペンション・リンクなどもアルミ鍛造材を多用しているのがA6の特徴です。発表によるとボディの20%以上アルミ鍛造材を使用しています。燃費の向上が大きな目的です。

足回りですが、フロントが5リンク式、リヤがセルフトラッキング・トラベゾイダル式の構成はA4/A5/Q5同様です。今回新しいのはパワーステアリングシステムを刷新しているようです。細かい仕組みはわかりません。

パワートレインですが、ガソリンは最高出力204 HP/280Nmの2.8リッター自然吸気のV6と最高出力300 HP/440 Nm の3.0リッターTFSIターボとなります。
2.8リッターのNAは0-100 km/h加速は7.7秒となり、燃費は約14km/リッター、CO2排出量は172g/kmとなります。
3.0リッターのターボは0-100 km/h加速は5.5 秒となり、燃費は約11km/リッター、CO2排出量は190g/kmとなります。

今回の目玉となるユニットが4気筒の2.0リッターTDI(ディーゼル)です。最高出力が177 hp/380 Nm、0-100 km/h加速が8.7秒、最高速度が228 km/h。驚きはこのTDIユニットの環境性能で、燃費は約20km/リッター、CO2排出量は129g/kmとなります。

フォトコレクション


ビデオ


ビデオ:モータートレンドのファーストドライブレポート

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close