GolfVolkswagen

VW Golf Cabriolet オフィシャルフォト公開

ゴルフカブリオレ is back! 3月のジュネーブモーターショウでワールドプレミアとなります。ゴルフのハッチバックをベースにした2ドア4シーターのカブリオレで、フルオートマチックの電動油圧ソフトトップは約30km/h以下で開閉可能で、9.5秒でオープンが可能です。Z字を描きながらコンパクトに折り畳まれるAudiA3カブリオレと同様のシステムと思われます。

フォルクスワーゲンには、ハードトップのいわゆる「CC」(クーペ・カブリオレ)モデルEOSがあります。
EOSと異なりソフトトップを採用したのは実用性を追求するゴルフ故と言えます。ソフトトップにすることにより、より広い室内空間と、ルーフを格納した時も十分なトランクスペースを確保し、軽量であることから燃費向上にも貢献します。

大きさですが、全長4,215、全高1,424 mm、全幅は1,779 mmで、EOSのよりも20cm短くなっています。しかしながらホイールベースは2,578 mmと同じなのは、両車とも同じゴルフのプラットフォームで製作されているからです。

エンジンは、ガソリンが105hpの1.2リッターTSI、122hpの1.4リッターTSI、160hpの1.4リッターTSI、210hpの2.0リッターTSIの4モデルが用意されます。ディーゼルが105hpの1.6リッターTDI、140hpの2.0リッターTDIの2基となります。
最もエコユニットが105hp&ブルーモーションテクノロジーの1.6リッターTDIで、燃費は23km/lでCO2排出量は117g/kmとなります。

世界のオープン・カー市場では、AudiTTなどの2座ロードスターの人気が下降気味と言われている反面、コンパクトで実用的な4座オープンの市場が成長しています。代表的なモデルがフォルクスワーゲンのEOSとなりますが、フォルクスワーゲンは今回のゴルフカブリオレの投入で、さらにこのセグメントを強化しようとしています。

気になる価格ですが、ドイツでは€23.625(約265万円)となります。

フォトコレクション

ビデオ

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close