Land Rover & Jaguar

2012年モデルLand Rover Defender

来月のフランクフルトモーターショウで発表される予定の2012年モデルLand Rover Defenderの詳細が明らかになりました。ターボエンジンがアップグレードされる点と、2つのオプションパッケージが用意されます。

最も大きな変更点は、EU4コンプライアントの2.4リッターディーゼルエンジンから、EU5コンプライアントの2.2リッターターボディーゼルエンジンへと変わります。
エンジンがダウンサイジングされますが、最大出力は122PS、最大トルク360Nmの数字は変更ありません。最大速度は145km/hで、2011年モデルの132 km/hと比べ、パフォーマンスアップしています。トランスミッションは、6速MTギアボックス(GFT MT 82)が組み合わされます。
ニューエンジンでは、ディーゼルエンジンの排気ガスに含まれる粒子状物質を減少させるフィルターであるDPF(Diesel particulate filter)が刷新されます。
CO2排出量は、Land Rover90で266g/km、Land Rover110と130で295g/kmとなります。

さらに「コンフォートパック」と「オフロードパック」の2つのオプションパッケージが導入されます。
コンフォートパックは、エアコン、CDプレイヤー、電動窓、リモートロッキングなどが含まれてます。

フォト

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close