A1AudiGreenTech

Audi A2コンセプト オフィシャル

独アウディは来週開催されるフランクフルトモーターショウ向けに、次期A2のコンセプトモデルを展示することを発表しました。次期A2は完全EVカーで、2年後までには発売される予定です。BMWの新ブランド「i」の「i3」と真っ向競合 となるクルマです。

A2の生産が完全に終了してから6年の月日が過ぎました。アウディとして始めてオールアルミニウムボディ化した画期的なBセグメントカーでしたが、あまにりもコンセプトが先進的過ぎたのか、セールスが振るわず惜しまれながら生産終了となりました。常勝軍団となったアウディで唯一商業的に失敗したクルマと言われています。

A1ハッチバックと比べ7cm車高がある一方、全長は1.8cm短くなっており、全幅も5cm狭くなっています。アウディはA2の根源であるミニバンコンセプトに今でもこだわりを持っていることが伺えます。ダッシュボードとシートの形状を薄くし、4人が乗車できる十分なスペースを確保するようです。

A2コンセプトのその他注目する点としては、「ダイナミックライト」と呼ばれる、ヘッドライトからテールライトへと繋がるボディ側面のライティングシステムです。このライティングシステムは、サイドインジケーターとして動作するようです。市販化モデルにインストールされるかどうかは微妙なところです。

コンセプトモデル オフィシャルフォト

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close