FeaturePeugeot

Peugeot ニュー208 スーパーミニ オフィシャル

プジョーは現行の207の後継車となる208のオフィシャル情報を公開致しました。プジョー内部で「A9 project」と呼ばれていたニュー208ですが、欧州Bセグメントカーとしてプジョーが力を注いきたクルマです。

デザイン

508同様、208も新しいプジョーのデザインフィロソフィーを反映しています。小さめのフロントグリルと、その内側に添えられたクロームの縁取りで、グリル自体が浮き上がって見える「フローティンググリル」を採用。そして、ブーメラン形状のテールランプなどもプジョーの新デザインの特徴です。

ボディサイズ

ボディサイズですが、現行の207に比べて全高を10mm低く抑え、全長を70mm短縮し3,975mmとするなど、大きくダウンサイズしています。それと共に110kgもの減量を図っています。
これは、トヨタ ヤリスやフォード フィエスタなどBセグメントの競合車と比べ、207の重量が重く、ハンドリング性能を犠牲にしていたことを反省した結果のようです。
小さくなった208ですが、ニースペースが5cm拡張されるなど、インテリアスペースは大きくなっています。また、エアロダイナミクスも大幅に改善されており、Cdは0.29と高数値を実現しています。

パワートレイン

パワートレインもダウンサイジングされます。207の主力ユニットだった1.4〜1.6リッターから、可変バルブタイミング機構が付いた1.0〜1.2リッターの3気筒エンジンが搭載されます。
燃費は27.8km/Lの低燃費を実現しており、CO2排出量は99g/kmと100gを切る数値を実現しています。

来年春発売予定の208ですが、3ドアと5ドアの2つのボディスタイルが発売されます。そして、コンパクトスポーツ「208 GTI」は発売から遅れること半年で発売されるはずです。

オフィシャルフォト

オフィシャルビデオ:Peugeot 208 Official Film

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close