BMW

2011年 BMW M5

2011年にローンチが噂の次期BMW M5の開発が進んでいるという。次期5シリーズが、2010年の線が固いと言われていることから、なんと5シリーズ発売から1年後にM5が公道を走る、ということになる。BMWの力の入れようが伺える。

現状のM5は、5.0リッターV10で507hpだが、今度の”ヤツ”は5.5リッターV10で550hpに達するという。そしてギアボックスは当然のことながらM-DCTの2ペダルトランスミッション。そして、環境対策も抜かりない。2011年というと、この手のC02排出カーはエミッションを達成しないと欧州の街中に入れなく可能性が高い。特に英国とドイツで。次期5シリーズで採用が確実視されているのが「ストップ・ゴー」機構。信号待ちではエンジンが自動的に切れる仕組みだ。

Dセグメント、Eセグメント、Lセグメント。。エンジン&ギアボックス競争と平行しながら、燃費効率向上とCO2排出量削減技術に凌ぎを削ることになるだろう。

Tags
Show More

Related Articles

0 thoughts on “2011年 BMW M5”

  1. どうやらエンジンは V8 4.4L ツインターボ のようですね
    ところで DCT は ダブル クラッチ トランスミッション ですよね?
    M5 楽しみです!

  2. M5さん
    M5もAMG同様ダウンサイジングするようですね。
    DCT(ダブルクラッチトランスミッション)ですが、2ペダルMTの事で、BMWでは「M-DCT」と呼んでます。
    BMWのMですが、ブレーキペダルをMT車同様の大きさにするなど「高回転・高出力型エンジンをMTで制御する」というMの伝統は守りたいという意思が感じ取れます。
    M5楽しみすね!オフィシャルフォトが公開されたらレポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close