GreenTechMercedesBenz

Mercedes-Benz Citan オフィシャルスケッチを公開

独メルセデスベンツが「urban delivery van」と定義し世に送り出す予定のシティーカー「Citan」のオフィシャルスケッチが公開されました。今年9月にドイツ・ハノーバーにて開催されるハノーバー商用車ショー(International Motor Show (IAA) Commercial Vehicles in Hannover. )でワールドプレミアとなります。発売は何と今年末を予定しているようです。

しかし、今年末の発売を控えている中、プレスリリースなどメルセデスからのオフィシャル情報は出ていません。現時点でわかっている事は、このクルマは、Renault-Nissan連合とのパートナーシップにより開発される、という事だけです。

メルセデスとインフィニティは、プレミアムCセグメントカーで協業する旨発表していますが、協業をAセグメントカーにまで広げるようです。
使用するプラットホームは、Renault Kangooを想定しているのでしょうか。

このスモールバンセグメントですが、欧州だけで700,000台販売される成長マーケットです。メルセデスは、このCitanの投入で4〜5%のシェア獲得を目指しているようです。
気になるのはVitoとの棲み分けですが、Vitoよりもコンパクトな商用バンになるのでしょうか。

Citanですが、パネルバン(運転室と荷物室が一体となっているバン)やミニスクールバスなどの利用を想定していますが、乗用車バージョンも生産されるようです。

エンジンスペックは公開されていませんが、ローエミッションがテーマとなり、BlueEFFICIENCYのエンジンやEV版も用意される、と予想されています。

オフィシャルフォト

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close