G

Mercedes Gクラス 2020年まで生産決定

Automobilwoche.deは、Daimlerと、Gクラスを生産するMagna Steyrが、「生きる伝説」のオフローダーの生産を2016年まで行い、その後は2020年まで契約が延長されるという内容で合意した、と報じています。
よって、メルセデスは、古くなった計器盤(インストルメント・クラスター)やステアリングホイールを刷新し、そしてインフォテイメントシステム「COMAND」のコントローラーを配置した新デザインのセンターコンソール、フード下は、シリンダーディアクティベーション(気筒休止機能)をサポートしたモアエフィシエンシーなニューG63 AMG(G55 AMGからのリプレース)の導入、などなど、順次アップデートモデルを発売していきます。

そして、一番の注目はGクラスハイブリッドです。これは、2014年モデル、つまり2013年発売のモデルからカタログインする予定があるようです。

G-Jump from MercedesBenzTV

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close