Peugeot

Peugeot 208 GTiコンセプトを公表

今年の春から発売されるプジョー208のGTiがジュネーブショウで公開されます。VW Polo GTIと真っ向から勝負するPSA期待のスモールスポーツの登場です。ただし、今回はプリプロダクション版との位置づけで、生産版のワールドプレミアは今年秋のパリモーターショウとなります。

208 GTiは、ベースの3ドア208に、エアロキットや専用アロイホイール、サイドスカート、ルーフスポイラー、2本出しのクロームテールパイプなどを装着しています。
エクステリアのその他特徴は、グリルのメッシュがメタルになり、グリル下部のバーに、208 GTiオーナーの国旗がデコレーションされます。以下写真は「ユニオンジャック」がデコされてます。

キャビン内ですが、フラットボトムのレザーステアリングホイール、ナッパレザーのスポーツシート、アルミペダル、そしてダッシュボードはグレイステッチングのアルカンターラでドレッシングされています。

エンジン

フード下ですが、RCZクーペに搭載されている、最高出力200hp/5000rpm、最大トルク254Nm/1700rpmの1.6リッター4気筒ターボを使っています。BMWが開発協力しているユニットです。このユニットに6速マニュアルトランスミッションが組み合わされます。
Polo GTIに搭載される最高出力180hpの1.4リッターTSIよりも遥かにロックンロールなエンジンです。アイドル回転付近からトルク満々な点は、RCZクーペで評価済みです。
もちろん、GTIのバッチが付く限りは、プジョーが「サウンドシステム」と呼んでいる、ターボの過給圧のサウンドを車内に響かせる演出も行われるでしょう。
そして、最高出力150hpの1.6リッターエンジンに6ATを組み合わせた仕様もラインアップされるはずです。

その他、リチューンしたサスペンションや、フロント/302mm、リア/249mmのディスクを備えた強化ブレーキシステムなどが装備されています。

オフィシャルフォト

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close