AlfaRomeo

Alfa Romeo Giulietta 新しいダウンサイジングエンジンを搭載へ

アルファロメオジュリエッタが、さらにお求めやすくなります。欧州マーケット用として1.4リッターの新しいダウンサイジングエンジンを搭載することを発表しました。

新しく設定されるエントリーエンジンは、最高出力103hp/5,000rpmの4気筒ガソリンエンジンで、170ps1.4リッター直4マルチエアターボのデチューン版となります。
このエンジンに6速MTやオートスタート&ストップシステムが組み合わされます。最高速度は185km/h、0-100km/hは10.6秒となります。

Technical features

Cylinders: 4 in line;
Power: 77 kW (105 HP);
Torque Nm – rpm: 206 – 1750;
Gearbox: 6 speed;
No. of cylinders, arrangement: 4;
Displacement (cc): 1368;
Max. power kW (HP – EC) at rpm (NORMAL): 77/105 5000 rpm;
Peak torque Nm (kgm – EC) at rpm (NORMAL): 206 (21) at 1750 rpm;
Peak torque Nm (kgm – EC) at rpm (DYNAMIC): 206 (21) at 1750 rpm;

Performance

Max speed (km/h): 185;
Acceleration (1 person + 30 kg) 0-100 km/h (s): 10.6;

Fuel consumption – Emissions as per directive 1999/100/EC

Urban cycle (l/100km): 8.4;
Extra-urban cycle (l/100km): 5.3;
Combined cycle (l/100km): 6.4;
CO2 emissions (g/km); 149;
Service: 30,000 km;
Environment class: Euro 5;
Pick-up in fifth gear from 60 to 100 km/h: 8.7;
Pick-up in sixth gear from 80 to 120 km/h: 11.5.

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close