FeatureX1

2013 BMW X1 フェイスリフト オフィシャルフォト公開

2013MYからBMWのコンパクトSUV、X1がリフレッシュされます。X1のフェイスリフト・バージョンがドイツで発表となりました。

エクステリアとインテリアは軽微なリフレッシュとなりますが、エンジン(ディーゼル)は大きく改良されています。またドライブトレインや装備関係もアップデートされています。

まずエクステリアで目に飛び込むのがヘッドライトの形状です。ヘッドライトユニットに、アクセントライトとライトリング、そしてデイタイムランニングライトが加えられ、LEDを採用しています。
ドアミラーも、BMWニュー1シリーズ同様にターンシグナル内蔵タイプになりました。また、バンパーやサイドシルは、ボディ同色に塗装されている範囲が拡大されており、よりオンロード志向の外観となりました。

インテリアですが、センターコンソールが新しいデザインとなり、トリムの質感も高められています。ニューモデルの1シリーズや3シリーズのインテリア品質が大幅に向上していることから、X1も同様に改善されました。

新設定となるxDrive25dに搭載されるエンジンに注目です。最高出力215hp/4,000rpm、最大トルク450Nm/1,500rpmの2.0リッターツインターボディーゼルが、ディーゼルのトップモデルとなるxDrive25dに搭載されます。

環境性能ですが、燃費は51.4mpgUK(約21km/L)、CO2排出量は145g/kmという高数値を誇る、新世代のパワー&エフィシエンシーなディーゼルユニットです。
その他、オートスタート・ストップ機能やブレーキエネルギー回生システム、燃料消費効率を高める上で最も適したギヤを、ドライバーの視線の先に直接表示してくれる「オプティマム・シフト・インジケーター」、そして、シフト・プログラムやギヤ特性の最適化、エア・コンディショナーの自動制御など、効率性向上のためあらゆる要素を調整してくれる「ECO PROモード」もオプションで用意されます。

2013 BMW X1 フェイスリフト オフィシャルフォト

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close