3 / 4-Series5 / 6-Series

ニュー3シリーズ、5シリーズ用 BMW M Performance Partsオフィシャル

アフターマーケットに力を入れているBMWですが、2012MY3シリーズと2011-12MY5シリーズ向けのBMW M Performance Partsのオフィシャル情報を公開しました。

ニューデザインとなる20インチのアロイホイールですが、他社同サイズと比べて約1kg軽くなっているようです。
改善されたブレーキングシステムは、ブレンボ製ビックブレーキキットを採用しており、キャリパーが赤と黄色、オレンジから選択可能です。ブレーキディスクは、フロントアクセルに370×30 mm、リアアクセルに345x24mmが装着されます。

6気筒ターボを搭載する335iと535i向けには、クローム仕上げを施した80mmツイン・テールパイプを装着したスポーツエキゾーストシステムが搭載されます。

その他、M Performance Partsおなじみのハイグロスブラックキドニーグリルやカーボンファイバーミラーキャップ、そして3シリーズにはM Performance Partsのアイコンとなったレーシングストライプが用意されています。
なお、BMW M Performance Partsに使われるカーボン素材ですが、1平方メートルあたりのカーボン含有率が245gという高い数値を誇ります。カーボンはとても繊細なので伸ばすのが難しく、大量生産するには樹脂の含有率を多くしなければいけませんが、BMW M Performance Partsでは職人による丹念な手作業でカーボンパーツが作られています。BMWスタンダートカーとBMW M Performance Parts装着カーを比べると、そのクオリティの差は歴然です。

インテリアですが、モータースポーツライクなフラットボトムのアルカンターラステアリングホイール、カーボンファイバー&アルカンターラのコンストラクトがレーシーなインテリアトリム、カーボンファイバーギアノブなどが装着されます。
インテリアでも、カーボンパーツが贅沢に使用されています。

3シリーズ、5シリーズ用 BMW M Performance Parts オフィシャルフォト

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close