Peugeot

Peugeot 208 R2を発表

仏プジョーのモータースポーツ部門、プジョースポールは、207の後継となる208スーパーミニのラリーバージョン「208 R2」を公開しました。このクルマはコンセプトモデルではなく、歴とした市販されるクルマです。

208 R2は、趣味としてラリーを楽しむ人達の為に、比較的手頃な価格で競争力のあるクルマを提供することを目的に開発されました。最新のFIA(国際自動車連盟)の規準を満たす仕様となっています。

まずエンジンですが、自然吸気の直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンとなります。最高出力185hp/7,800rpmを発生します。トランスミッションは、5速マニュアルのシーケンシャルタイプで、シフトレバーはフロアではなくステアリングコラムにセットされています。

サスペンションとブレーキにも手が加えられています。オーリンズレーシング製のサスペンション、ブレーキはイギリスの名門ブレーキメーカー、アルコン製を使用しています。ステアリングは油圧ブレーキに変更し、タイヤはミシュランのスペシャルバージョンを履きます。

フランスで5/10から開幕されるIRC(インターナショナル・ラリー・チャレンジ)の「ツール・ド・コルス」に、デモンストレーションとテストを兼ねて208 R2をエントリーする予定です。

気になる価格ですが、2通りの方法で利用が可能です。ベース車両の208にキットを装着する形で€37,500(約390万円)、フルビルドで€57,500(約600万円)と公表されています。キットにはエンジンアップデートも含まれるようです。

Peugeot 208 R2 フォトコレクション

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close