GreenTech

コラム)米欧主要8社 高速充電器の仕様を統一へ について

PHV、EVの普及前夜の今日。ここに来て大きな疑問として湧いてくるのは、車側のチャージングポートのコネクタピンがメーカー毎に異なると、チャージングステーションで複数の高速充電器が用意されるのだろうか、という事です。今のガソリンステーションの「ハイオク」「レギュラー」「軽油」のように3つのコネクタが伸びているようなイメージです。この疑問への答えが、米欧主要8メーカーが統一仕様を作ることに合意した、との発表でした。

この仕様に参加するメーカーは、Audi、BMW、Chrysler、Daimler(Mercerdes-Benz)、Ford、General Motors、Porsche、そしてVolkswagenとなります。
今月6-9日カルフォリニアで行われたEVS26(Electric Vehicle Symposium 26)で新しいチャージングデバイス(コンボコネクタ)がデモンストレーションされました。
コンボコネクタは、15-20分で急速充電することを目的としています。2013年春には実際のクルマに搭載される予定です。

一方で、同様のコンセプトとして「CHAdeMO」という日本発の企画があります。この規格は日産LEAFが採用した事からデファクトスタンダードが確実視されていました。LEAFの流れを受け、フランス勢のPSAグループも賛同したことは記憶に新しいところです。
このニュースで、「コンボコネクタが世界のデファクトスタンダードになる」との声が出てますが、この意見は拙速と言わざるを得ません。

CHAdeMOとコンボコネクタには「使い方」で大きな差が一つあります。CHAdeMOでは、普通充電用(家庭用)と急速充電用(チャージングステーション用)でコネクタを分けていますが、コンボコネクタではひとつのコネクターで行えるのが特徴です。技術的にどちらが優れているのかは、まだ結論が出せない状況だと思われます。

この2つの「規格争い戦争」の中で、最も注目する2社としてトヨタとBMWを挙げたいと思います。両社はEVの分野で共同研究しています。CHAdeMO協議会幹事会社でもあるトヨタのプリウスは、実はCHAdeMO方式を採用していません。プリウスはHV、PHVの分野で最も先進的なクルマで、欧米の消費者の間でも高いブランドイメージが共有されています。果たしてプリウスはCHAdeMO対応になるのか否か、がまず大きなポイントです。

もし、トヨタがCHAdeMOに走った場合、EV開発でパートナーのBMWも付いてくる可能性があります。BMWの背中を押すのはCHAdeMO陣営にいるBMWの盟友でもある仏PSAグループです。
コンボコネクタは、VWグループ(VW、Audi、Porsche)&GMが主導しているのが目に見えて明らかです。BMWはスマートな会社ですから、VW&GMとトヨタを冷静に比較し、コンボコネクタよりもプリウスのブランドイメージを選ぶかもしれません。

そして、BMWがCHAdeMO陣営に入った場合、Daimler(Mercerdes-Benz)も追随するかもしれません。BMWとDaimler(Mercerdes-Benz)は永遠のライバルでありながら先進技術の導入には歩調を合わせる動きをします。あくまでもサプライヤーのボッシュやシーメンスを介してですが。リーマンショック以降、両社のプレミアムセグメントのクルマの販売台数が急激に落ちた時、部品共有など行い窮地を脱する、と両社が発表したことは今も記憶に残っています。また、メルセデスベンツA,Bクラスとプラットホームを共有化する予定の日産Infinityの存在も大きいと思います。
また、トヨタとEVで提携関係にあるフォードもCHAdeMOに入る可能性があります。GMのPHV、シボレーボルトの電池の発火事故(電池は韓国製)のニュースによりクルマが全く売れず、「泣きっ面に蜂」状態であることは、米国ビック3で最もスマートな会社であるフォードはしっかり見ています。

どちらがデファクトスタンダードになるのか。トヨタとBMWの動向に注目したいです。
2015年時点の予想
CHAdeMO陣営:トヨタ、日産、ホンダ、BMW、Daimler(Mercerdes-Benz)、Ford、PSA
コンボコネクタ陣営:VWグループ(VW、Audi、Porsche)、GM、Hyundai

こうして見ると、CHAdeMO陣営は「クルマ作りに何か他社にはないこだわりを持とうとするメーカー」、コンボコネクタ陣営は「数こそ力なり」を実践するメーカー、とのイメージでしょうか。

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close