Peugeot

Peugeot ニュー301 オフィシャルフォトリリース

プジョーは、ニューモデルとなるコンパクトセダン「301」のファーストフォトを公開しました。今年9月のパリモーターショウでワールドプレミアとなります。このクルマは新興国向けの戦略車として開発されました。

プジョーのスペイン/ビーゴ工場で組み立てられます。今年11月にトルコで発売され、その後ロシア、ウクライナなど中東ヨーロッパ、そしてラテンアメリカへと展開される予定です。

全長4,440mm、ホイールベースが2,650mmとなり、コンパクトサルーンカテゴリとしてはクラス最大となります。エクステリア、インテリアともにプジョー最新モデルの文法に添ったデザインとなっています。エコノミーかつモダンなコンパクトサルーンとして新興国の顧客にアピールしていきます。
301のライバルとなるのが、VWグループのSkoda Rapidや、Seat Toledoとなります。

搭載するエンジンは、最高出力70hpの1.2リッターVTiエンジンとなります。このエンジンにマニュアルギアボックスかEGC-ATが選択可能となっています。
その他、最高出力91hpの1.6リッターHDiターボディーゼル、最高出力114hpの1.6リッターガソリンエンジンがラインアップされる予定です。

オートエアコンディショニング、MP3オーディオシステム、Bluetoothハンドフリーキットなどのコンフォート装備も提供されます。

Peugeot ニュー301 ファーストフォト

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close