その他

2012 エンジン オブ ザ イヤー発表

英国で最も大きな自動車&航空機関連の専門の技術系メディア「UKIP Media & Events Automotive Magazines」が毎年発表しているインターナショナルエンジンオブザイヤーの2012年版が公表されました。

2011年版と同じく、今年もテーマは「ダウンサイジング」でした。また、昨年にはなかった米国の自動車メーカーから2基がランクインしています。その他、「エンジン屋」BMWから4基がランクインしています。

1位:Ford 999cc 3気筒ターボ〜401ポイント

Focusに搭載されて話題となったダウンサイジングエンジン。401ポイント獲得で他社を圧倒しました。3気筒エンジンとは思えないほどパワーとレスポンスに優れ、そして燃費性能も高い、と文句無しの1位。とにかくイメージがフレッシュでクリーンです。

2位:Volkswagen 1.4リッター TSIツインチャージャー〜288ポイント

Polo、Beetle、Golf、Scirocoo、EOS、Tiguanなど、VW車種のほぼ全てに搭載される、VW社の基幹エンジン。昨年に続き2年連続の2位は素晴らしい。「給料は高くなくが黙々と良い仕事をする信頼出来る仕事人」というイメージか?

3位:Ferrari 4.5リッターV8〜224ポイント

458 Spider、458 Italiaに搭載される官能エンジン。最高回転数9000rpm!を誇るモンスター。昨年に続くTOP3ランクインです。まさに「スター」なクルマです。

4位:GM 1.4リッター レンジエクステンダー〜212ポイント

シボレー ボルト用の1.4リットル直4ターボ+モーター。エンジンは発電用として仕様されるレンジエクステンダー方式のEVです。筆者にはこのエンジンの素晴らしさが全く理解できませんが、UKIPの評価は正しいのでしょう。

5位:BMW 2.0リッター4気筒ツインターボガソリンエンジン〜199ポイント

ツインスクロールターボチャージング、ダイレクトインジェクション、吸排気可変バルブタイミング機構「ダブルVANOS」、可変バルブリフト機構「バルブトロニック」。BMWの最新技術が詰まったオトクなエンジン。始めてBMWに乗る人におススメしたい。

6位:BMW & PSA 1.6リッター4気筒ターボガソリンエンジン〜162ポイント

PSAとBMWグループが共同開発した1.6リッター直列4気筒直噴ターボ。MINI、プジョー、シトロエンに搭載されています。

7位:BMW 3.0リッター直列6気筒ターボガソリンエンジン〜160ポイント

この3.0リッター直列6気筒ターボとは、BMW 1-Series M CoupeやZ4 35siに搭載されている3.0リッター直列6気筒ターボの方です。

8位:BMW ///M 4.0リッターV8〜122ポイント

2007年に登場したエンジンにも関わらず、2012年のエンジン オブ ザ イヤーで評価するところがUKIPマガジンらしい。

9位:Audi 2.5リッター5気筒ターボガソリンエンジン

RS3に搭載されているエンジン。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close