Audi

コラム)Audi SQ5 TDIに見える、アウディのBMW模倣路線

アウディが「再び」BMWが切り開いた道を歩むことを決断したようです。ディーゼルエンジンによるスポーツモデルをQ5に設定するようです。Audi SQ5 TDIのオフィシャル情報を公開しました。

BMWの模倣戦略に徹するアウディ

このブログでも再三お伝えしていますが、アウディという会社は長年「BMWを模倣する」という戦略に徹しています。「BMWの模倣?それが何か?」と言わんばかりのその潔さは、ある意味納得させられるような思いです。

BMWが新たにマーケットに投入した斬新なコンセプトに対する顧客の反応をじっくり観察し、マネーになりそうなものに徹底的に投資し、BMWを上回る商品に仕上げていく、というやり方です。

思い起こせば、BMW M GmbHに対するAudi quattro GmbH、BMW iDriveに対するAudi MMIコントローラー、BMW Mスポーツに対するAudi Sライン、BMW X3に対するAudi Q5。。そして今回のディーゼルスポーツの市販化です。

Audi SQ5 TDの特徴は?

2010年の4月、Audi Q5 Custom ConceptというSQ5のコンセプトモデルを発表した時はスーパーチャージド3.0リッターV6のガソリンエンジンが想定されていました。その方向を一転し、SQ5は、最高出力308hpの「ノーマルな」3.0リッターツインターボV6ディーゼルを搭載することにしたようです。

BMWは、///Mの一つ下のラインアップとして 「M Performance」というハイパフォーマンスカーのサブブランドを発表しました。このM Performanceの特徴は、直列6気筒ディーゼルエンジンを3個のターボチャージャーで過給することです。このチャレンジに多くの欧州のモータージャーナリストが評価をしました。

今回のAudi SQ5 TDIを見る限り、BMWのトリプルターボディーゼルのような大きな技術的なトピックスはないようです。最高出力308hp/最大トルク650Nmの3.0リッターツインターボディーゼルを搭載するようです。
BMWは、他社カーメーカーによる模倣を警戒し、電動アシストターボの特許を申請するなど特許戦略を加速させていますので、もしかしたらトリプルディーゼル化は特許の関係で実現出来なかったのかもしれません。

アウディは今後、他Sモデルにディーゼルを追加していくかどうか、についてはコメントを発表していませんが、BMWの後に続くと思いますので、ほぼ間違いなくS4やS6に搭載していくでしょう。

Audi SQ5 TDI オフィシャルフォト

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close