Porsche

2013 Porsche 911 Carrera S用パワー拡張キットを公開

ポルシェ911シリーズの成功の要因の一つに、バラエティのあるモデル展開と工場カスタマイズプログラムがあります。本日Porscheは、2013 911 Carrera S用となるポルシェ純正パワー拡張キットをアナウンスしました。このキットにより、3.8リッターの水平対向6気筒ガソリンエンジンの出力が394hpから424hpへとジャンプアップします。

PDKデュアルクラッチトランスミッション装着で、0-100km/hが0.3秒アップの4.0秒、最高速度は306km/hとなります。
そして、パフォーマンスを拡張しているにも関わらず、燃費はレギュラーモデルと変わりません。

このパワーキットのメインパーツは、専用設計のシリンダーヘッドです。カムシャフトも専用パーツになるようです。さらに、6気筒分全てのエアフラップを改変した新しい可変吸気システム、ツインテールパイプ2セットとなるエグゾーストシステムも専用設計となります。
そしておなじみ、スポーツクロノパッケージも含まれています。

そしてエクステリアのエアロ拡張キットも装着されます。フロントバンパーやリアスポイラーなどが専用デザインとなります。

2013 Porsche 911 Carrera S用パワー拡張キット

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close