Lexusその他

2012年自動車品質ランキング by JDパワー・アンド・アソシエーツ

米調査会社のJDパワー・アンド・アソシエーツが発表した2012年の米新車品質調査によると、レクサスが1位、ジャガーが2位、ポルシェが3位となりました。

JDパワー・アンド・アソシエーツの品質ランキングですが、車両購入後90日間の新車の品質を調べるための業界基準の役割を果たしており、ユーザーがクルマを購入する際の目安として幅広く活用されています。90日間の初期品質を基準とするのは、長期的耐久性の優れた判断材料となることが示されているからです。

2012年の全体傾向ですが、100台当たりの不具合指摘件数は改善しています。しかしながら、インフォテイメントシステム(ナビ/オーディオ/ビデオシステム/テレコム)の不具合件数が増えているようです。

レクサスは、2年連続で1位となりました。ES 350、LS、RXともに最高評価を受けています。
特筆点は、不具合指摘件数が最も改善されたのはジャガーで、昨年からの20位からジャンプアップしました。

「業界平均より上」の欧州車ですが、以下4ブランドのみとなります。
・ジャガー/ポルシェ :同点2位
・メルセデスベンツ  :9位
・BMW        :10位

「業界平均より下」の欧州車は、以下となります。
・アウディ、ボルボ、ランドローバー、フォルクスワーゲン、MINI、Fiat。

指摘をしたいのは、フォルクスワーゲンとMINIのポイントの低さです。両車は、2011年のランキングでもワーストランキングTOP5に入ってました。共にエントリーモデルのクルマだから、と釈明しそうですが、同セグメントのMAZDAが5位に入っているため、この言い訳も通じそうにありません。

2012 年ブランド別ランキング

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close