Golf

2013 Volkswagen Golf Mk7ティーザーがスタート

今年発売予定の第七世代VWゴルフのティーザーがスタートしました!今回はティーザースケッチが公開となります。来月のパリモーターショウでワールドプレミアとなりますが遂にカウントダウンです。

Golf Mk7の最大の特徴は、MQBプラットホームを採用した点と言えます。MQBはドイツ語で「Modularen Querbaukasten」(モジュラー トランスバース マトリックス」の略で、横置きエンジン車用プラットフォームです。VWグループにとって最も重要なプラットホームアーキテクチャーであり、ニューAudi A3がGolf Mk7に先んじて採用しています。
いくつか先進的な機能が入るようですが、詳細は不明です。

現段階で判明しているボディサイズですが、全長が4255mmとなり、Mk6の4199mmと比べ約5cm長くなります。気になるホイールベースは2637mmでMk6の2578mmと比べ約6cm長くなります。よって、フロントレングススペースとリアスペースがMk6よりも広くなります。そして全高が1452mmでMk6の1480と比べ何と約3cmも低くなります。

発売は2014MYとなるので欧州では11月から、その他の国では来年からとなります。

ティーザースケッチ

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close