FeaturePeugeot

Peugeot オールニュー208 GTi オフィシャル

今年春のジュネーブモーターショウで公開されたPeugeot 208 GTiコンセプト。今月開催されるパリモーターショウで、コンセプトモデルとほぼ同じ形のプロダクション版が遂にワールドプレミアとなります。それに先立ち、オフィシャルフォトとビデオが公開されました。

スペックを見る限り、今回の「ロケットコンパクト」は十二分の仕様になっています。
まず、エンジンパワーが大幅アップとなっています。RCZから移植された直噴1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載しており、207RCの最高出力175hpと比べ、208GTiは197hp/最大トルク275Nmとなりました。
これに加え、前モデルの207RC(GTi)と比べ165kgも軽量化されており、車重は1160kgとなります。さらにプジョーの資料によると、ステアリングシステムとサスペンションが新設計となっているようです。
208 GTiは、205/45の17インチホイールを履いており、ブレーキローター径はフロントが302mm、リアが249mmという大容量ブレーキを装着しています。

ステアリングレスポンス、シャシーダイナミックス、そしてスポーツ仕様の固めのサスペンション。まさにクラス随一のロケットコンパクトに仕上げています。

エクステリアも標準モデルの208ハッチバックと比べアップデートされています。フロントグリルはビスポークフィニッシュが行われており、クロームミラーキャップ、サイドシル、ハニカムメッシュ化されたフロントグリル、ブラックフィニッシュ化したリアディヒューザー、LEDヘッドランプ、CピラーのGTiロゴ、などのスポーツ仕様となっています。

インテリアも素晴らしい。レザー仕様のスポーツシート、フラットボトムステアリングホイール、ギアボックス、ドアパネル、インストルメントパネルには赤でステッチされています。

Volkswagen Polo GTIと真っ向勝負となるPeugeot 208 GTi。来年の春頃に欧州で発売される予定です。

Peugeot 208 GTi オフィシャルフォト

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close