Peugeot

Peugeot 2008 Crossover オフィシャルリリース

BセグメントSUVが活況を呈しています。仏プジョーは、ベビーSUV「Peugeot 2008 Crossover」を今年3月のジュネーブモーターショウでワールドプレミアさせることを発表しました。それに伴い、数枚のオフィシャルフォトも公開されました。

Nissan Juke、BMW/MINI Countryman。この2台のBセグメントSUVの成功に触発されて、各社がクルマの投入を計画しています。208スーパーミニを擁するBセグメントのリーダーの1社、プジョーも即座に製品化を実現しました。対象マーケットは、アジアとラテンアメリカです。

全長4.16mで、208スーパーミニよりも20mm長くなっています。
プジョーの顔となった「フローティンググリル」を踏襲。ヘッドライトは新しい造形となり、ブラックバンパー、シルバーペイントされたサイドシル、パノラマミックサンルーフ、17インチアロイホイールなど、爽やかで若々しく、スポーティーなルックスが確認できます。
また、RCZで採用し、多くの自動車関係者が驚いた、高度なガラスの特殊整形技術を駆使したダブルバブルルーフからインスパイアされたと思われる傾斜したルーフラインも特徴的です。

機構的な内容は今だベールに包まれたままですが、恐らく3気筒ターボエンジンが搭載されると思われます。

Peugeot 2008 Crossover ファーストオフィシャルフォト

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close