C-Class / GLCCAROUSEL

2014 Mercedes-Benz C63 AMG エディション507 公開

独メルセデスベンツは、C63 AMGをカスタマイズした「Edition 507」という特別仕様車を、3月に開催されるジュネーブモーターショウで公開します。

最高出力507HP/最大トルク600Nm〜610Nmの自然吸気6.3リッターV8エンジン(コードネーム:M156)を搭載しており、C63 AMGスタンダードと比べ出力が50HPアップしています。「エディション507」の507は最高出力を表現しています。
出力アップは、エンジンの中をモディファイすることで実現しています。
鍛造ピストンやコネクティングロッド、軽量クランクシャフトなどがインストールされており、このエンジンモディファイは、SLS AMGの「パフォーマンスパッケージ」からのトランスファーとなります。

AMGのブレーキングシステムもさらにビーフィーに。フロントは360x36mmコンボジットブレーキディスクの6ピストンキャリパーが備わります。リアは4ピストンキャリパーです。ブレーキ・キャリパーは赤くペイントされています。

エクステリアの変更点としては、2つの冷却穴が開いたアルミニウム製ボンネットが特徴です。その他、グロスブラック・フィニッシュのスポイラーやミラー・カバー、グリル、LEDデイタイムランニングライトが装備されます。

次期CクラスAMGは、4.0リッターのツインターボが搭載されますので、CクラスAMG最後の自然吸気エンジンとなりそうです。

2014 Mercedes-Benz C63 AMG エディション507 オフィシャルフォト

2014 Mercedes-Benz C63 AMG エディション507 オフィシャルビデオ

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Close