A3GreenTech

Audi A3 e-tron プラグインハイブリッド オフィシャル

独アウディは、3月に開催されるジュネーブモーターショウで、電気自動車とハイブリッドカーのコンセプトカー「e-tron」シリーズの新作、A3 e-tronを展示すると発表しました。

最高出力148hpを発生する1.4リッターTFSIターボのガソリンエンジンと、出力が75kWのモーター(101hp)を組み合わせたハイブリッドパワートレインを搭載します。この高性能モーターは、新開発された6速e-Sトロニックトランスミッションの内部に搭載されており、前輪にパワーを供給します。
前モデルのA3 e-tronのモーターは26.5kWh(三洋製)でしたので、大幅な機能向上を達成しています。*
メカニズムについては公開されていませんので、このe-tronもsanyo製かどうかはわかりません。
この2つのパワートレインの組み合わせで最高出力201hp/最大トルク350Nmとなります。そして、燃費は、66.67km/L(プラグインハイブリッド車向けECE規格)、CO2排出量は35g/kmという驚愕の性能です。しかし、この燃費に関しては、電動モーターをコンスタントに使用した場合に計測された平均燃費となっていることを心に止めておく必要があります。

A3 eトロンは、3つのモードで走行が可能です。エンジンモード、ハイブリッドモード、そしてピュアEVモードとなります。ピュアEVモードでの最高速度は130km/hで、最大走行距離50kmとなります。

アウディは、このA3 eトロンがどの国で利用できるのか、については言及していません。

Audi A3 e-tron プラグインハイブリッド フォトギャラリー

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close