5 / 6-SeriesFeature

2014 BMW 5シリーズ セダン ツーリング GTフェイスリフト メガフォトギャラリー

独BMWは、2014MYモデルからフェイスリフトとなる5シリーズのオフィシャル情報を公開しました。今回のフェイスリフトは超マイルドアップデートで、オフィシャルフォトを凝視しないと違いがわかりません。マイルドアップデートとした理由として、フェイスリフトモデルの登場によりリセールバリューが落ち込むことを避けたのかもしれません。

まず、フロントバンパーですが、シルバーアクセントが施されたものへと変更。そして、キドニーグリルの輪郭に追加ラインが加えられています。ヘッドランプユニットのトップとボトムにはアクセントラインが引かれました。ライティングシステムは、6シリーズクーペに採用されたアダプティブLEDヘッドライトとなりました。

インテリアもマイナーリファイメントとなりました。iDriveのバージョンが4.2へとアップデートされました。グラフィックチップが富士通製からNVIDA製となり、CPUは600Mhzからインテルの1.3GHzへ、そしてRAMも512Mbから1GBへとアップデートされました。そしてハードディスクも80GBから200GBとなりました。

パワートレインは、燃費向上の為のマイルドアップデートが行われています。主なトピックは2014年9月から欧州で実施される新排出ガス規制値「EURO6」に対応しました。EURO6への対応は欧州自動車メーカーにとって困難な仕事となっています。特にNOx(窒素酸化物)をEURO5に比べ約56%削減しなければいけません。このEURO6規制は欧州カーメーカーをさらに強くします。日本や韓国の自動車メーカーは、ディーゼルエンジン分野では確実に追いつけなくなります。

また、欧州マーケットでは、5シリーズのエントリーモデル「518d」が新たに投入されます。4気筒2.0リッターのターボディーゼルで、最高出力141hpとなります。燃費は、4.5リッター/100km(約22km/L)の高数値を達成しています。
そして、もう一つのニューモデルが、AWDシステム「xDrive」を搭載した520dセダン、520dツーリングです。

2014 BMW 5シリーズ セダン、ツーリング、GT メガフォトギャラリー

Tags

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close