3 / 4-SeriesFeature

2015 BMW 4シリーズ グランクーペ オフィシャル

BMWによるコンパクトエクゼクティブモデルのラインアップ拡大が止まりません。4シリーズ(2ドアクーペ)、4シリーズコンバーチブルに次ぐ4シリーズ第3のモデル「4シリーズ Gran Coupe」のオフィシャル情報が公開されました。今年3月に開催されるジュネーブモーターショウでワールドプレミアとなります。

Dセグメントで、4ドアクーペの5ドア リフトバックで競合するクルマは、Audi A5 Sportbackのみとなります。4シリーズグランクーペのエクステリアデザインを先導したのは、BMWで初めての韓国人デザイナー、カン・ウォンギュ氏です。「欧州では韓国車のデザインが日本車よりも勝っているようだ」と発言し日本で話題となりました。ただ、氏の今回の仕事、この4シリーズ グランクーペのフィニッシュは本当に素晴らしい、の一言です。

ボディサイズですが、全長4,638mm、全幅1,825mm、全高1,389mmとなります。サイズは、4シリーズクーペと変わりませんが、全高は12mm引き上げられています。また、ルーフは112mm後方に延ばされていて、クーペらしい曲線を描いてリアへとつながっています。このアウトラインは、今後、新しい市場となる5ドアリフトバッククーペの教科書となることでしょう。

トランク容量は、4シリーズクーペに対し35リットル増え、480リットルを確保しています。後席は、シートバックを倒せば、荷室容量は最大1300リットルへ拡大します。また、大きな開口部を持つリアゲートを装備しており、荷室からの荷物の出し入れにも配慮しています。

パワートレインですが、3シリーズと構成に変更はありません。ガソリンユニットは、最高出力240hpの4気筒エンジン(N20)を搭載する428i Gran Coupe、そして熟成に熟成を重ねる最高出力300hpの直列6気筒エンジン(N55)を搭載する435i Gran Coupeとなります。そして、少し遅れてエントリーモデルとなる最高出力181hpの420i Gran Coupeがカタログインする予定です。全車ともFRで8速ATが組み合わされます。オプションでAWDシステム「xDrive」が選択可能です。
ディーゼルは、最高出力141hpの2リッター直4ディーゼル418d Gran Coupeと、181hpの420d Gran Coupeの2基でスタートとなります。420dに搭載のN47 D20エンジンは、燃料噴射圧が1800bar仕様のシングルVGターボで、ボッシュのコモンレール噴射システムを採用しています。ノイズと振動がかなり押さえられているのが特徴です。また、ボア径が78mmというコンパクトなエンジンですが、インジェクターを改良することにより燃料希釈のトラブル回避が施されています。「いぶし銀のディーゼルエンジン」といったところでしょうか。

欧州での発売は、今年後半からショールームに並ぶ予定です。

2015 BMW 4シリーズ グランクーペ オフィシャルフォトギャラリー

オフィシャルビデオ:The first-ever BMW 4 Series Gran Coupé. Product substance.

Tags
Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close